フリーダイヤル 0120-838-894 【相談無料】

任意整理

【任意整理による債務整理ってなに?】

  • 弁護士があなたに代わって交渉し(取立なし)
  • 借金の過去の高すぎる利息を計算し直し(引き直し計算)、
  • 将来の利息をカット
  • 3年から5年で分割して返済

するという債務整理の方法です。

取立ストップ

弁護士に依頼すれば取立はとまります。

 

引き直し計算

消費者金融からの借入や信販会社のキャッシングなどについては、通常、高い利息が設定されています。
しかし、弁護士があなたの代理人として債権者と交渉する場合、今までの取引分全て(完済前の取引を含む)について、利息制限法所定の利率で引き直し計算を行います。

 

分割返済

再計算後、残金を平均3年(36回払い)で返済する計画を立てます。
ただし、早期返済プランや60回返済プランも可能です。
ポイント)
将来の利息はかかりません。 

 

任意整理(債務整理)のメリット

 

◇利息の再計算

高すぎる利息で借り入れていた場合、過去の利息を再計算して払い過ぎた利息を取り戻します。

 

 

 

◇将来は利息なしの分割払いで交渉


弁護士に依頼する任意整理後は利息がつかないように交渉します。


注意
消費者金融との交渉によりますので結果について保証するものではございません。ご注意下さい。

 

 

◇取立がなくなる

弁護士に任意整理による債務整理を頼めば、サラ金業者は、直接取り立てることができなくなります。
弁護士がすべて対処しますので、今後はサラ金業者と連絡をとる必要はありません。


◇自己破産・民事再生との相違点

  • 財産などを残したまま手続を進めることが出来ます。
  • 職業制限がありません。
  • 官報に住所氏名が載りません。
  • 原則1回だけ事務所に来て頂ければその他の手続は事務所で行います。
  • 書類などを集めて頂く必要は特にありません。


◎任意整理(債務整理)のデメリット

任意整理による債務整理のデメリットとして、今後の借金は困難になるということです。
また、任意整理による債務整理を行う場合、3年程度ですべて終了できる見込みが必要です。




任意整理の報酬(実費は別途)

■着手金

一般業者1社 19,800円(税抜)

■減額報酬金

債権者主張の債権額と和解金額との差額の10.8%相当額を加算

■過払金報酬金

交渉により過払金を回収したときは過払い金の21.6%相当額を加算

訴訟により過払金を回収したときは過払い金の25.7%相当額を加算

フリーダイヤル 0120-838-894 【相談無料】